お別れ~火葬までの流れ

ペットちゃん永眠

  • 好きだった場所、静かな場所に安置してあげて下さい。 同時に保冷剤や氷でお腹を中心に冷やし、上からシーツやタオルをかけてあげて、保冷処置を行います。床側に湿気も出やすいため、防水シートや新聞紙等の上にタオルや布団を敷いて寝かせてあげるといいでしょう。
  • また、時間が経つと次第にお身体が固くなってしまいます。手足が伸びたままですと、棺や火葬炉台に入るときにつかえてしまって可哀想ですので、優しく手足を曲げたポーズにしてあげてください。

ほしあかり にお電話下さい
訪問日時、火葬場所、ご収骨方法等の打ち合わせをさせていただきます。

ご家族様と最後のひととき

夏場でも急いで火葬をする必要はありません。お鼻、お口、肛門から体液が出てしまうことはよくみられる現象ですので、あわてず、その都度ふいて綺麗にしてあげて下さい。 どうぞ最後の一晩を、大好きなご家族様と一緒に過ごさせてあげて下さい。

ご訪問
  • お約束の時間にお伺いします。
    お電話を差し上げますので、車までお連れ下さい。
    お棺をご用意いたします。
    車内でご納棺いただき、お供物を添え、
    最後のお別れとなります。
  • この時に、ご精算もお願いいたします。



火葬
  • ご自宅駐車場に十分なスペースがあれば、自宅火葬も可能です。火葬車からは煙、臭いは出ませんので、近隣にご迷惑をかけることもありません。
  • 移動が必要な場合は、お近くで安全な場所をスタッフが選定し、
    そちらで火葬いたします。火葬時間は小動物30分~大型犬150分ほどです。
    この間、ご家族様はご自宅でお待ち下さい。

ご返骨
火葬終了後、ご遺骨とともに再訪問いたします。ご自宅、もしくはご自宅近くにてご家族様の手で骨壺へご収骨いただき、ご返骨となります。 またスタッフによる収骨をご希望の場合、骨壺に納めた状態で再訪、ご返骨いたします。